ヨガの効果には医師も推奨している

アメリカのセレブリティが火付け役となったストレッチと呼吸法を合わせたインド発祥のヨガですが、心と体を健やかに保つことが出来るとして注目を集めています。中での現代人に悩みの多い自律神経失調症という精神的な病気については、良い効果をもたらすとして医師が推奨するほど効果的であります。

自律神経失調症という症状は、不眠症や精神的なストレスを感じやすくなってしまう状態で、うつ病と同義として捉えられています。自律神経失調症という症状は、交感神経と副交感神経の切り替えができなくなってしまった状態なので、ヨガの力を借りることによって乱れてしまった自律神経を正常た状態に元通りにするのです。

ヨガというのは、ストレッチやポージングのみならず、独特の呼吸法を行います。ストレスが溜まってしまった状態というのは、副交感神経と自律神経の切り替えが上手くできなくなってしまっています。

そこで、呼吸法を用いることでゆっくりと息を吸って履くことを繰り返すことによって血管が開いて末端にまで新鮮な酸素を送ることができます。ヨガの本場インドでは、この呼吸法のほうが主流となっており、人々は毎朝出勤前に呼吸法を実践して健康維持に役立てています。

自律神経失調症では、この呼吸法という方法が実に有効です。新鮮な酸素を末端神経まで送ることによって自律神経失調症から早く回復することができます。ヨガは滞りがちな酸素を血管の細部にまで行き渡らせることができます。

コメント投稿は締め切りました。