自律神経の乱れで膀胱炎になることも

自律神経のバランスが崩れることで起きる自律神経失調症の症状には、実に様々な身体的・精神的症状があります。意外かもしれませんが自律神経失調症が原因で起きる膀胱炎というのもあります。

膀胱が正常に機能しなくなったために尿漏れや尿失禁が起きる「過活動膀胱炎」には、脳卒中や脳障害など神経系統の異常が原因の神経因性のものと、加齢や骨盤底筋の機能低下などが原因の非神経因性のものがありますが、一部原因不明のものがあり、間質性膀胱炎と呼ばれています。

この間質性膀胱炎の原因が、自律神経失調症ではないかと考えられているのです。自律神経失調症の症状のほとんどは「症状があるのに原因が特定できない」もので、まさにそれにぴたりと当てはまるのです。

泌尿器科では症状を緩和するための治療を行っていきますが、原因が自律神経失調症である場合、原因から改善していかなくてはいけないので、薬物治療も効果がない場合があります。刺激のある食べ物を避ける、ストレッチや有酸素運動で血流を良くする、といったことで改善される場合もありますが、鍼灸が効く場合もあります。鍼灸には自律神経を整え、免疫力をアップして病気になりにくい体にするという効果があります。

また頻尿や残尿感、下腹部の不快感などがある膀胱神経症も自律神経失調症が原因と考えられています。ストレスで交感神経が刺激されることで膀胱が小さくなり、十分に尿をためておくことができなくなるためにそういった症状が起きるのです。

何科で治療するのか適切に決める

自律神経失調症は近年問題視されている疾患の1つであり、交感神経と副交感神経のバランスが乱れる事によって全身の様々な不調や内臓の機能不全を引き起こします。

主な症状としてめまいや胃腸の不快感・不眠症に加えて激しい発汗や疲労などが挙げられ、症状の個人差が大きく、重度の場合は日常生活にも影響を及ぼすほどの状態へと陥る危険性があります。

自律神経は自身でコントロールできない特性を持っていて、生命活動において必要な機能を自動的に維持・調整する役割を果たしています。

基本的には患者の症状だけで自律神経失調症と判断をする事が難しい傾向を持っており、大規模な病院で症状に応じた精密検査を受けて何の異常も見られなければ、自律神経失調症と診断されるパターンが増加しています。

その理由として自律神経失調症の症状は、内臓の疾患を起こしている状態と区別が付きにくく、実際に精密検査を受けてみないと本当に異常が生じているのかわからない可能性が高い為、検査を通して危険な病気でない事を確認しておく行為は重要であるとも言えます。

症状が複数見られる状況では患者自身の不安が強まる事から、病院でしっかり検査を受けて身体の状態を知っておくと精神的なケアにも繋がります。

自律神経失調症は専門の担当医がいる病院などでも受診・治療が可能ですが、対応していない場合は心療内科や神経科のクリニックをすすめられる事も多く、症状の傾向を医師と相談して適切な科を選択するのが治療への近道です。

嚥下障害が起こる原因

自律神経失調症で嚥下障害が起こる原因は交感神経が強く反応することによって、胃腸に流れていた血流が、心臓や肺などの循環器のほうに使われてしまって、胃が動かなくなってしまうことで、飲み込むという動作を停止する命令が脳から出されるので、食べ物を口に入れても飲み込むことができない嚥下障害が引き起こされてしまいます。

自律神経失調症のときに嚥下障害とともに起きるのが、吐き気やむかつきで、これらに関しても胃の血流がなくなることが原因となっていて、この症状を改善するためには吐き気止めなどの薬を飲むだけではなく、緊張状態を解くための動作などをする必要があります。緊張状態でなくなると交感神経が静まるので、再び胃腸に血流が戻るので、嚥下障害などは収まります。

緊張を解く方法としては、腕や脚の筋肉に出来る限りの力を込めて10秒間呼吸を止めて、その状態を維持します。そして10秒経過したら、力を抜いて「リラックス」とつぶやきながら呼吸をします。このつぶやきながらの呼吸を1分程度持続して行うと自律神経失調症などによる緊張状態がなくなります。

自律神経失調症の症状としては不安や過呼吸、手足のしびれ、冷え性などがありますが、これらの全ては交感神経が緊張してしまうことによる症状なので、体や心の緊張状態を解くための動作をしっかりと覚えて練習することによって、自律神経失調症を薬などを飲まずに克服することができます。また更年期障害などが引き金となっている場合には婦人科などで適切な治療を受ける必要があります。