主な治療費と公的扶助

自律神経失調症の治療費は、現役世代なら3割負担で済みます。自営業の方なら国民健康保険、会社に勤めている方なら社会保険が適用されるので、治療費は実際にかかる金額の3割を払うだけで良いのです。でも、実際に自律神経失調症にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

自律神経失調症の治療には、数ヶ月~5年以上かかる人まで実に様々です。医師による診察料は、1回につき2,000~4,000円です。これにカウンセリング料5,000~10,000円、漢方薬1か月分5,000~10,000円、鍼灸治療2,000~5,000円が組み合わされます。いずれも医師が必要と認めた場合は、治療費の負担は3割で済むので、1回の来院で1万円以上かかるということはほとんどありません。

しかし、病気中の人には痛い出費かもしれません。もし自律神経失調症の治療費の捻出が難しいようであるのならば、公的な扶助の自立支援医療費制度に頼ってみましょう。制度が適用されれば、治療費の負担が1割になります。

同制度については、お住まいの自治体や保健センターが窓口になっているので、必要なら問い合わせてみて下さい。制度の適用には、医師の診断書が必要なので、まずは担当の医師に相談するのもありです。

社会保険の加入者なら、標準日当の2/3が支払われる傷病手当金を受け取れる可能性もあります。自律神経失調症にかかると働くのも難しくなるものです。傷病手当金は、会社を休職している方や、治療のために会社を辞める方に支払われるので、もし受け取れるならしっかりと治療に専念する事ができます。こちらは会社の総務担当者や、ご加入の社会保険事務局が窓口です。

コメント投稿は締め切りました。