聴覚過敏になり不眠を招く場合も

自律神経失調とは体を覚醒させる交感神経と神経などをリラックスさせる副交感神経の二つの自律神経がバランスを乱した状態を言います。 その状態が続くと自律神経がコントロールしている体のさまざまな機能が乱れ日常生活に多大な影響を及ぼしてしまいます。

呼吸や血液循環、消化と吸収、便秘や下痢、嘔吐、体温調節など実にさまざまな症状が人それぞれよって現れてきます。自律神経失調症といっても人それぞれよって出てくる症状は異なってくるのです。

神経過敏になることが多い自律神経失調症の一つの症状に聴覚過敏があります。今まで気にならなかった音がとても気になり、夜も眠れなかったり、ひどい場合は日常生活にさえ支障が出てしまうことも少なくありません。病院に検査に行っても耳の異常は見つかりません。(≫外部サイト: 睡眠薬に頼らない不眠症対策

たとえば胃潰瘍やガンなどのように物理的な決まった病的症状があるわけではないのです。 自律神経のバランスが乱れると、たいていの人は複数の機能障害が出てきます。 鈍痛を伴う頑固な肩こりや、めまいや耳鳴りなどの聴覚過敏、頭痛、胃の痛みや下痢など過敏性腸症などや、動悸、手足のしびれ、倦怠感などといったように、単一症状ではなく、人によっては2個も3個も症状が現れ深刻な悩みに苛まれている人は実に多いのです。自律神経失調症と言っても現れる症状は聴覚過敏から頭痛、倦怠感など人それぞれなのです。

自律神経失調症になってしまう原因もさまざまな要因があり、過度なストレスや不規則な性格などあります。まずは専門医に相談し、自律神経失調症の煩わしい症状を取り除きながら、ゆっくり自分の生活を見つめ直していきましょう。

コメント投稿は締め切りました。