自律神経の乱れで膀胱炎になることも

自律神経のバランスが崩れることで起きる自律神経失調症の症状には、実に様々な身体的・精神的症状があります。意外かもしれませんが自律神経失調症が原因で起きる膀胱炎というのもあります。

膀胱が正常に機能しなくなったために尿漏れや尿失禁が起きる「過活動膀胱炎」には、脳卒中や脳障害など神経系統の異常が原因の神経因性のものと、加齢や骨盤底筋の機能低下などが原因の非神経因性のものがありますが、一部原因不明のものがあり、間質性膀胱炎と呼ばれています。

この間質性膀胱炎の原因が、自律神経失調症ではないかと考えられているのです。自律神経失調症の症状のほとんどは「症状があるのに原因が特定できない」もので、まさにそれにぴたりと当てはまるのです。

泌尿器科では症状を緩和するための治療を行っていきますが、原因が自律神経失調症である場合、原因から改善していかなくてはいけないので、薬物治療も効果がない場合があります。刺激のある食べ物を避ける、ストレッチや有酸素運動で血流を良くする、といったことで改善される場合もありますが、鍼灸が効く場合もあります。鍼灸には自律神経を整え、免疫力をアップして病気になりにくい体にするという効果があります。

また頻尿や残尿感、下腹部の不快感などがある膀胱神経症も自律神経失調症が原因と考えられています。ストレスで交感神経が刺激されることで膀胱が小さくなり、十分に尿をためておくことができなくなるためにそういった症状が起きるのです。

コメント投稿は締め切りました。