よくある合併症と予防法

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経による自律神経のバランスが崩れることにより起こる症状のことをいいます。自律神経失調症にかかってしまうと、神経バランスが崩れていることから様々な症状が出てきてしまいます。

不眠症やめまい、耳鳴りといったものから、頭痛や胃痛・腹痛をいった身体の痛みが起きるもの、また手足のしびれを感じたり、口の渇きを感じすぎたり、胸の圧迫感や痛みなどといったものも感じやすくなってしまいます。それだけでなく肩コリや背中のコリも起きやすくなってしまったり、体の疲れがとれないなどといった日常生活にも影響が出てしまう症状もあります。

しかし自律神経失調症の症状は個人差があり、治療法もなかなか見つからず悩む方も少なくありません。改善方法は、まず自分が自律神経失調症だということ自覚することが大切です。自覚することにより、自分のバランスを整える生活ができるように心がけることができるでしょう。

朝起きて朝日を浴びることや、食事のバランス、有酸素運動を軽くでもするように心がけてみたり、少しずつ自分にとってプラスになること、またストレスを溜めず解消することで改善していくことができるでしょう。

自律神経失調症の合併症をあげるとすれば、うつ病やパニック障害、また過敏性腸症候群などがあげられます。これらは自律神経失調症と同じような症状が現れることが多いです。

今までの自分とは違う不安などから、それらの合併症を引き起こしてしまう可能性もあるため、症状を悪化させるような行動や睡眠不足などはなるべく避け、日常生活のリズムを整えるやりラックスさせることで、合併症を予防できるでしょう。

コメント投稿は締め切りました。