認知行動療法による治療

仕事や普段の生活の中で様々なストレスに囲まれている現代社会は、誰もが自律神経失調症になる可能性があるといわれています。交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで自律神経失調症が起こります。

自律神経のコントロール機能は生まれつきバランスを崩しやすい人と、全く同じ条件でも何の問題のない人もいます。また慢性的な寝不足など、不規則な生活リズムが続いて体内時計のリズムが狂うと交感神経が優位になる時間が長くなり、心身ともに休むことができなくなり、自律神経失調症を引き起こす原因になります。

交感神経と副交感神経の切り替えがなかなかうまくいかないと、人間の体や脳はきちんと休むことができなくなります。どんなに仕事が忙しくて時間が取れないといっても四六時中仕事のことばかり考えていては頭も体も休まる暇がありません。

そんな時には夢中になれる趣味やスポーツなどに没頭したり、友達や家族と会話する時間をとるなど、気分の浮き沈みがあったとしても積極的に気分転換することが大切です。

認知行動療法というのは自律神経失調症やうつ病などで気分の浮き沈みが激しく、陥りやすい考え方を修正して、行動のパターンを良い方向へと向かわせることを目的とした方法です。(≫外部サイト: 認知行動療法とは

自分自身を客観的にみるために、自分の考え方を書き出してみるのがこの治療方法の特徴です。自律神経失調症やうつ病などになると、マイナス思考に陥ってしまい気持ちの浮き沈みが激しく、どうしても否定的な考え方になってしまう傾向があります。こうした考え方ゆがみを自分で認識して修正し、生活習慣を改善するために行われます。

コメント投稿は締め切りました。