主な治療費と公的扶助

自律神経失調症の治療費は、現役世代なら3割負担で済みます。自営業の方なら国民健康保険、会社に勤めている方なら社会保険が適用されるので、治療費は実際にかかる金額の3割を払うだけで良いのです。でも、実際に自律神経失調症にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

自律神経失調症の治療には、数ヶ月~5年以上かかる人まで実に様々です。医師による診察料は、1回につき2,000~4,000円です。これにカウンセリング料5,000~10,000円、漢方薬1か月分5,000~10,000円、鍼灸治療2,000~5,000円が組み合わされます。いずれも医師が必要と認めた場合は、治療費の負担は3割で済むので、1回の来院で1万円以上かかるということはほとんどありません。

しかし、病気中の人には痛い出費かもしれません。もし自律神経失調症の治療費の捻出が難しいようであるのならば、公的な扶助の自立支援医療費制度に頼ってみましょう。制度が適用されれば、治療費の負担が1割になります。

同制度については、お住まいの自治体や保健センターが窓口になっているので、必要なら問い合わせてみて下さい。制度の適用には、医師の診断書が必要なので、まずは担当の医師に相談するのもありです。

社会保険の加入者なら、標準日当の2/3が支払われる傷病手当金を受け取れる可能性もあります。自律神経失調症にかかると働くのも難しくなるものです。傷病手当金は、会社を休職している方や、治療のために会社を辞める方に支払われるので、もし受け取れるならしっかりと治療に専念する事ができます。こちらは会社の総務担当者や、ご加入の社会保険事務局が窓口です。

意識的にリラックスするための呼吸法

自律神経失調症の治療は、病院に通院して医師と相談しながら投薬による治療が一般的です。しかし、薬には副作用があり、特に長期間の投薬は、副作用が心配になります。

そもそも、自律神経失調症は、ストレスなどにより交換神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう病気です。ほとんどの場合が、ストレスなどで体を休める副交感神経の働きが弱くなってしまっていると言われています。

ただ、自律神経は自分の意志に関係なく働く神経で、自分で自律神経の働きを高めることはできないのです。そこで、薬を使わずに副交感神経の働きを高めて、自律神経失調症の症状を抑えるための方法として、呼吸法があげられます。ゆっくりと大きく呼吸をすることで、意識的にリラックスする副交感試験の働きを高めてやるのです。

その結果、自律神経のバランスを保つということになります。ただ呼吸をするだけではいけません。あくまでもリラックスが目的です。お腹を意識して、いわゆる腹式呼吸でゆっくり大きくといった呼吸法で行ってください。特に、吐くことを意識するとよいと言われています。何度もやる必要はありません。

一日に数度、ベッドに横たわった状態でもいいので、この呼吸法でリラックスしてください。自律神経失調症の症状のひとつに不眠がありますが、この呼吸法をしながら眠りにつくのもよい方法です。自律神経失調症は病気です。しかし、薬に頼りすぎずに治す方法もあります。この呼吸法に副作用はありません。ぜひ試してみてください。

嚥下障害が起こる原因

自律神経失調症で嚥下障害が起こる原因は交感神経が強く反応することによって、胃腸に流れていた血流が、心臓や肺などの循環器のほうに使われてしまって、胃が動かなくなってしまうことで、飲み込むという動作を停止する命令が脳から出されるので、食べ物を口に入れても飲み込むことができない嚥下障害が引き起こされてしまいます。

自律神経失調症のときに嚥下障害とともに起きるのが、吐き気やむかつきで、これらに関しても胃の血流がなくなることが原因となっていて、この症状を改善するためには吐き気止めなどの薬を飲むだけではなく、緊張状態を解くための動作などをする必要があります。緊張状態でなくなると交感神経が静まるので、再び胃腸に血流が戻るので、嚥下障害などは収まります。

緊張を解く方法としては、腕や脚の筋肉に出来る限りの力を込めて10秒間呼吸を止めて、その状態を維持します。そして10秒経過したら、力を抜いて「リラックス」とつぶやきながら呼吸をします。このつぶやきながらの呼吸を1分程度持続して行うと自律神経失調症などによる緊張状態がなくなります。

自律神経失調症の症状としては不安や過呼吸、手足のしびれ、冷え性などがありますが、これらの全ては交感神経が緊張してしまうことによる症状なので、体や心の緊張状態を解くための動作をしっかりと覚えて練習することによって、自律神経失調症を薬などを飲まずに克服することができます。また更年期障害などが引き金となっている場合には婦人科などで適切な治療を受ける必要があります。