よくある合併症と予防法

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経による自律神経のバランスが崩れることにより起こる症状のことをいいます。自律神経失調症にかかってしまうと、神経バランスが崩れていることから様々な症状が出てきてしまいます。

不眠症やめまい、耳鳴りといったものから、頭痛や胃痛・腹痛をいった身体の痛みが起きるもの、また手足のしびれを感じたり、口の渇きを感じすぎたり、胸の圧迫感や痛みなどといったものも感じやすくなってしまいます。それだけでなく肩コリや背中のコリも起きやすくなってしまったり、体の疲れがとれないなどといった日常生活にも影響が出てしまう症状もあります。

しかし自律神経失調症の症状は個人差があり、治療法もなかなか見つからず悩む方も少なくありません。改善方法は、まず自分が自律神経失調症だということ自覚することが大切です。自覚することにより、自分のバランスを整える生活ができるように心がけることができるでしょう。

朝起きて朝日を浴びることや、食事のバランス、有酸素運動を軽くでもするように心がけてみたり、少しずつ自分にとってプラスになること、またストレスを溜めず解消することで改善していくことができるでしょう。

自律神経失調症の合併症をあげるとすれば、うつ病やパニック障害、また過敏性腸症候群などがあげられます。これらは自律神経失調症と同じような症状が現れることが多いです。

今までの自分とは違う不安などから、それらの合併症を引き起こしてしまう可能性もあるため、症状を悪化させるような行動や睡眠不足などはなるべく避け、日常生活のリズムを整えるやりラックスさせることで、合併症を予防できるでしょう。

朝日を浴びることも有効

昔から精神の病はありましたが、今ほど情報がないために気が付かずにいた場合が多くありました。最近は、ストレス社会をあらわすように精神を病むひとが多くなってきました。その中でも多いのが自律神経失調症です。

この自律神経失調症は、体にさまざまな影響を与え思いもよらない、こんな症状がというものもあります。その自律神経失調症の対策の中に朝起きたらまず朝日を体に浴びるというのがあります。

普通は、夜になったら眠り、朝になると目覚めることになります。これは、体の中にある体内時計がコントロールしています。その体内時計を、支配しているのが自律神経になるのです。自律神経失調症になると、朝起きることさえストレスになり中々対策の朝日を浴びることは難しくなります。そのために、自律神経失調症の人は寝たいだけ寝るが鉄則です。

そして、朝起きることが出来たときは対策の朝日を浴びることです。毎朝、しなくてはいけないと思うことが新しいストレスになります。出来る時に、すればいいと考えると気持ち楽になります。ただ、朝日を浴びる効能は体温や血圧が上昇し頭も冴え、一日の活動モードの体になれます。朝日を浴びた時間から、夜にむけてメラニンが発生していきます。ちょうど、朝日を浴びた時間から14時間後くらいに眠りがくるように体内時計が働きます。

自律神経失調症での不眠対策は実は朝から始まっているのです。しかし、基本は無理をしない、頑張らないことです。

発症させないためのトレーニング

自律神経失調症にならないためには、自律神経を整える効果のあるトレーニングを行う必要があります。人間の体は交感神経と副交感神経を上手く切り替えることにより、日常生活を上手く送ることができるのです。しかし、自律神経失調症の場合には、この切り替わりが上手くいかなくなることにより、活動や休息を効率良く行うことができなくなってしまいます。

交感神経が優先的になると、常に体が興奮状態になってしまいます。これは常に体を動かしている状態であるために、休息を上手く行うことができなくなってしまうのです。そのため夜に睡眠が取れなくなってしまうのです。副交感神経が優先的な状態が続いてしまうと、体が常に急速な状態になってしまい、体を活動的に動かすことができなくなってしまいます。そのため日中でも常に眠くなったりするのです。

どちらの場合においても、体を動かすトレーニングを行う必要があるのです。日中を活動的に動かすためにも、夜にしっかりとした睡眠をする為にも、トレーニングをする必要があるのです。

自律神経失調症は自律神経が乱れていることが原因で引き起こされます。自律神経にはリズム運動を行うことが効果的です。ジョギングやウォーキングなどの、一定のリズムで長時間体を動かす運動を行うことが、自律神経失調症に有効なのです。これを行うことにより、適度な疲労をもたらしてくれるので、良質な睡眠を取れることも自律神経失調症が効果的なのです。